インペリアルサガに関して、育成記録やメンテナンス情報、イベントクエストや神々の試練攻略などを書き綴る情報&攻略系ブログです。
YouTube Twitter RSS

2015年5月18日月曜日

サガ&イトケンさん25周年記念ライブ「One Night Re:Birth」大阪公演行ってきました!


先日、5月10日に行われたサガ&シリーズのメイン作曲家「伊藤賢治」さん25周年記念、バトル曲ライブ「One Night Re:Birth大阪公演へ松下IMPホールまで行ってきました!!




だいぶ前のガラケー(爆)なので、ちょっと画質荒いですが・・・。
4GamerGameWatchなど、関係各社できちんとした記事がアップ(東京公演)されてますので、綺麗な写真はそちらをご覧くださいませ。。


自分がライブを知った時には時既に遅し、とっくに完売状態だったのですが、Twitterで大阪公演行きたかった・・・とつぶやいていたら、大阪公演行けなくなったので・・・と譲って頂くことができこうしてライブに行く事ができました。


大阪公演は16:30開演、物販は14時開始予定との事前情報があり、自分もそれに合わせて14時過ぎには会場についていたのですが、予想以上の盛況ぶりで既に100人から列が出来ていました。そんなこんなで、うちが物販購入し終わったのがもう15時過ぎ。

ちなみに物販は、Re:BirthⅡ連CD、トートバッグ、マグカップの3点を購入。
特典のエコバッグに加え、知らされてなかったのですがコースターもついてきました。


その後近くでぶらりとして、16時過ぎに会場戻ってきたら、これまた凄い人で、開場を待つひとが200人近く並んでまして、外で待つハメに・・・(苦笑)




会場前には、小林智美さんの原画が展示されておりました。

初めて原画なんて見たけれども、凄い。綺麗。
貴重なものを拝見できて、サガファンとしては嬉しい限り。



17時前、無事に会場入り。

あっという間に会場が埋まって、無事に開演。


先日ニコ生で放映された4Starのように司会の方がいるのかな?と思ってましたが、いらっしゃらず。
17時過ぎると、声優の杉田智和さんの声で注意事項のナレーションが、

「テンションあがってもまわりの民に迷惑かけないように。
モラルのない皇帝はルドン高原送りにしちゃうぞ。」

と、サガファンの集まる会場はどっと笑いに包まれた。



前日の東京公演とは細かいところでセットリストや演出など、変えていたらしく。
大阪公演は、イトケンさん始めバンドメンバー6人がいきなりでてきて、ミンストのオープニング「オーバーチュア」からドカンといきなりスタート。

バックスクリーンには先日のニコ生でもあったような、プレイ動画が披露される演出。
スタッフの狙いだったのか、パーティメンバーが象とか雪だるまとか人外メンバー中心だったのはファンならにやりとするところ。

そのままロマサガ1・2・3の通常バトル曲のメドレー♪

そして、あの飲めるとも噂される綺麗な「下水道」から「Battle#5」へいっきに駆け抜け。
ここで、やっと最初のMCへ。

メンバー紹介。榎本さん(ベース)、寺前さん(ギター)、上倉さん(ギター、キーボード)
和田さん(マニピュレーター)、山内さん(ドラム)、そしてイトケンさん(キーボード)

ニコ生で見ていたような、上倉さんとイトケンさんの掛け合いでトークが始まり。


東京公演での心の拠り所の話(Twitter、Wikipedia参照)がでたり。

イトケンさんが冗談まじりで、
「もしも、みんな(バンドの)が病気したりして来れなかったら、一人で2時間ライブ持たせようとか思ってた(笑)」

などと言われていたが、それもそれでアリだと思ってしまった(笑)
最近はツイキャスでも普通に1時間半とか2時間ぐらい、ひとりでラジオのようにお話されているので、トークライブも是非聞いてみたい。


細かいところで東京公演とは変えてきている辺り、色々と考えられているなーと関心させられたが、各関係者さんの記事を見る限り、密かにイトケンさんはじめ、メンバーのほとんどが前日と衣装が違っていました。

スタイリストさんが選ばれたそうですが、イトケンさんは今をときめくラッスンゴレライの人みたく真っ赤なTシャツを着られていて、サングラスもされていたので、余計にそれっぽかった(笑)


最初のトークも終わりに近づき、前日の東京公演ではここまでの3曲+MCで40分もつかったらしく・・・(笑) さすがに大阪公演では、それを踏まえてタイムキーパーとなった上倉さんが時間を少しきにしつつ調整、進行されていました。


トークも終わり、連から「燃える血潮~Save the world メドレー」に続き、「パイルアップ・スタック~ホールド・アウト メドレー」。パイルアップ~は、大阪公演でのみプレイされたので、とくにあの「ドコドコドコドコドンドンドンっ」てなドラムのところが、かなり盛り上がりましたね。この曲を生で聴けたのは、ファンとしてはかなり嬉しい。


そして、上倉さんがアレンジをされた「全軍突撃」へ!
前のMCの中でイトケンさんから「上倉くんがアレンジしたんだから、好きに盛り上げてね?!」と煽りを入れられていたので、かなりテンションあげられてました。

同じギターの寺前さんとサガでの連携ぽく、交わって演奏されている姿には熱いものがありました。

今回のライブ、事前にイトケンさんが立つところ、座って聴いて欲しい曲など、誘導があったので自分のようなロック系ライブ初めてな人でも凄く安心して楽しめました。



そして、いったん休憩。

ここで、待ってました・・・と、シリーズプロデューサーの河津神様が、なんといきなり客席の真ん中付近からご登場!!

まさか、そこから!?と、みんなびっくりしつつ、笑いと歓声が巻き起こり。


イトケンさんと開発当時を振り返りつつトークスタート。

サガフロのTVCMの話題やトバルの購入特典音源など、ここでしか聴けないかなり貴重な音源をいくつか披露されていました。ファンの中でも、ごくわずかしか知らないようなモノですね。

そして、もうすぐ稼動が始まるというインペリアル・サガの話へ。
真新しい情報は特別なかったのですが、システムとしては「閃き、連携、陣形、そして全軍突撃」がある模様。

映像も新しいものが紹介されていて、サルーインや四魔貴族らが動く姿が観れました!
過去作品からボスが色々と登場するのは知ってましたが、静止画に近いものかと思っていたので、びっくり。サルーインが、あの例のサルーインソード(オブシダンソード)をちゃんと腕を振って、斬りつける姿に感動。

味方キャラも過去作品から勢ぞろいするようなので、色々と楽しみです。

インサガで使われる「四魔貴族」のフルオケバージョンがここで初めて紹介されたのですが、かなり凄かった。そして収録現場に居合わせたお二人の話では、60代と思われるチェロリストさんが、1小節演奏する度に「ぜぇーぜぇー」言いながら休んでいたそうで、笑いの渦が。

ペースが速いので演奏がかなり大変らしく、くぎってくぎって収録したデジタル音源を繋げたそう。


今年はサガ25周年ということで、記念イベントが目白押し。
コンビニなどで買える「サガ25周年くじ」なるものを企画中で、早ければ夏頃から実施する予定だそう。
(河津さんは、ここだけの話でお願いしますね?と言っていたが、普通に関係者記事で紹介されているので問題ないよね・・・)

ラインナップは、お湯を入れるとピカーンと光る閃きマグカップや効果音のみを収録したCDなど、笑えるものから実用的なものまで。


新作のサガ2015の新しい情報はまだでなかったですが、先日イトケンさんからダンジョン用の曲が上がってきたそうで、「さすがイトケン、他のイベントシーンで使いたいぐらいだ」と絶賛されていた河津さん。

が、ライブが終われば少し休んでもらって、それからペース上げてね、とプレッシャーをかけられるイトケンさん。


そして、また元居た客席へと颯爽と帰還される河津さん・・・(笑)
隣のお客さん達とハイタッチをされている姿が印象的でした。



ここでやっと、女性陣が登場

バイオリニストの土屋玲子さん、ボイスパフォーマーの岸川恭子さんが加わり、さらにライブは盛り上がりを見せました。

土屋さんは、夜の女王様を彷彿とさせるような黒いセクスィーな衣装。
男性の観客にテンプテーションを巻き起こされていました(笑)

岸川さんも以前自分が動画観たときとは少し雰囲気が変わられて、髪も肩ほどまであって体型も今回のライブのリハ等で少し痩せたらしく、スッキリとした印象に。


そして、「Re:Birth II -連-」からの楽曲「バンガード発進!」「Battle #4」「死への招待状 -The Battle with Death-」を披露。

初めて岸川さんのあの歌声を生で聴きましたが、ものすごい迫力。
他の楽器を圧倒するぐらい、はちきれんばかりの声量で、それでいてまた聴いていて清々しい感じがする歌声でした。

しかも、この「バンガード発進!」に限ってはCD等では歌声なしなのですが、今回はライブバージョンということでか、岸川さんの歌声あり。

最初から「オッオ~~、オオオオッオ~~!」と曲に合わせて、あのアドリブの岸川節ともいえる独特な節回しが。

「死への招待状」も、ほんとにデス様の戦闘が蘇って来て余計にこう感極まるものがありましたね。


ここで、岸川さんと土屋さんはいったん舞台袖へはけられ。

メンバー6人で、また少しトークに。


実は関西出身だという、寺前さんと榎本さん。
大阪公演では、せっかくだからと事前にふりをいれていたらしく、お二人が少し話されていました。

寺前さんは、大阪の八尾市出身。
「八尾市の方いますか~?」と聞くと、数人が手を挙げられ。

寺前さんは、イトケンさんとはジェントルエコーライブから参加されていて付き合いがあるらしく。
今回のバンドメンバーも榎本さんや山内さんは、寺前さんからの紹介だそう。

そんな訳で、実はバンマス(ライブでのリーダーみたいな役割)だったということを前日の東京公演で暴露される寺前さん。イトケンさん、いろいろ振りとか急すぎる(苦笑)

榎本さんは、京都市のご出身。
自分も市内ではないが、京都なので少し親近感沸きました。・x・


予定にはなかったが、イトケンさんの無茶ぶりから和田さんも少ししゃべられ。
「いやー、ほんとに曲が来なくってですね。直前にやっと曲が来た時に、イトケンさんからのメールで最後に”死への招待状”って書いてあって冷や汗でました」とブラックユーモアをかます和田さん(笑)

これが実話なのが、恐ろしい。。。


早くもライブは終盤にさしかかり、ここから「四魔貴族バトルメドレー」、「ロマンシング サ・ガ2」「ロマンシング サ・ガ3」の「ラストバトル」が演奏され、最後は「決戦!サルーイン」でライブはいったん締めくくり。

大歓声の中幕を閉じる。



・・・と、このままで終わるはずは当然なく(笑)
観客からの圧倒的な歓声と拍手に包まれる中、再登場したバンドメンバー。

ここまではいわば前菜です。ここからがメイン!ここからが本番です。みんな一緒に盛り上がってくれるかい!?」と、煽りつつ観客の盛り上がりも最高潮に。

ここで土屋さんは衣装変え。
うって変わってピンクを基調としたもので、スリットも入っていて、さらには大事な部分の近くに薔薇っていうのがもう卒倒モノ。

叱って欲しい人はいくらでも叱ってあげるわよ~。終わったら楽屋いらっしゃい。ウフフ」と不適に笑う土屋さんは、もう・・・色んな意味でやばかった()


観客総立ちの中、「七英雄バトル」「Last Battle -Asellus-」「Last Battle -Emilia-」と人気の曲を演奏。もうみんな凄い声援で、疲れもなんのその。

ここで、いったん少し休憩。


岸川さんがまた登場され、衣装もあの熱情の曲に合わせてエキゾチックな雰囲気のカラーに。
バンダナはイトケンさんに「それ、シーフ?」と突っ込まれるも、何のことか分からない岸川さんは「ぇ、チーフ?」と。

「シーフというか、あれだ。俺たちゃ海賊だ」とイトケンさんが突っ込むと、「そうなんです。海賊を意識したんですよ」と岸川さん。うん、これはこれでお似合いでした。


このタイミングでだったか、「最後だしみんな今回のライブでここまでくるまでに何か不満とかあった?」とイトケンさんが聞くと、みんな「曲がなかなか来なくて・・・」ていう同じ反応でみんなから攻められるイトケンさん・・・(笑)

岸川さんはそれに加えて、「今回は事前にライブ告知で自分の名前を紹介してもらえたんですが、今までは紹介がなかったんですよ。」と。

「そうか、それは申し訳なかったね。でも、あなたが出るのを事前に紹介しちゃったら、もう熱情あるんだな。ってバレバレじゃない。」とつっこむイトケンさん。


そして、「Last Battle -Red-」はじっくり聴いて欲しいというイトケンさんの要望で座って演奏を楽しみました。ここまできたら、このまま立っていても良かった気はするけども、割と年齢層広かったのでお疲れの方もいたでしょうし、自分も正直結構限界が・・・(苦笑)


最後はみんなお待ちかね。
ライブのほんとの最後を飾るのは、あの、岸川節が炸裂する「熱情の律動」(ねつじょうのリズム)!!


もう、ほんとに。これは言うまでもなく、盛り上がりました。
みんな総立ちになって、終始リズムに乗って手拍子や歓声の嵐。


余韻に浸りつついると、バンドメンバー全員が去っていく。
あー、これでライブも終わりかーと思っていると、イトケンさんだけがひとり残られて。

イトケンさんが静かに語られる。

東京公演では25周年でいったんここで一区切りということで、ロマサガのエピローグを弾いたんですが、大阪公演ではここからまたスタート(インサガやサガ2015、そして自分の作曲家人生の意味を含めて)ということで、ロマサガのオープニング曲を演奏します。

「ただもう、これでほんとに最後。聴いてください。」


イトケンさんのピアノソロは、ほんとにもうずるいですね(感涙)

もう、ライブもほんとに最後ということで目頭が熱くなりました。
これまでの盛り上がりとはうって変わって、しっぽりとした雰囲気で。

最後は、舞台から観客へ向けて、それぞれの方へ深々とお辞儀され、手を振りつつ舞台袖へと去っていくイトケンさん。


しばらく客席で座ったまま余韻に浸っていましたが、大阪公演はここで終わりではなかった・・・!!





そう、トークの後そのまま観客席へと戻られてみんなと一緒に楽しまれていた、河津さん
ライブ終了後、ファンの渦に取り囲まれてしまい、そのままサイン会へ発展。・x・

少し急がれていたようですが、そこはファンを裏切らない河津さん。ギリギリまでできるだけファンの方へサインなどされていました。

自分はちゃんとした色紙など用意していなかったので諦めていましたが、もうお会いできるような機会も一生ないかもしれないと思うといてもたってもいられず。

もうほんとに最後の最後。
会場から出られる間際に、駆け寄っていって、なんか思わず「ありがとうございました!」と言って握手して頂けました!(感涙)


ほんとに、あの河津神様とこうやってお会いできただけでなく、握手までして頂けるなんて思ってなかったので、すごいサプライズでした。

気さくな雰囲気を体現したような、あの笑顔が忘れられない。一生の思い出となりました。


イトケンさんともう少し近くでお会いしたり握手できなかったのが、少し残念ではありましたが、ほんとうにこれまでサガをプレイしてから24年。ずっとファンでいて良かったです。ファン冥利に尽きます。

また、こういったライブやイベントがあれば、是非行ってみたいですね。
今度は是非、同じ趣味を持つ仲間と共に一緒に行きたい。

Fighter Road -インサガ戦記


Fighter Road をご覧頂きありがとうございます。
お時間がございましたら、是非他の記事もご覧下さいませ。・w・)ノ

View all posts by Fighter Road →

by シャンテール

0 コメント:

お気軽にコメントして下さいませ。・x・)ノ
できればお名前を書いて投稿して下さると嬉しいです。

Recent Comments

About Us

CHANTELLE

CHANTELLE(シャンテール)です。
熱しやすく冷めやすい性質で、MMO/MO-RPGを中心に色々なネットゲームを放浪してます。

現在は,SaGaシリーズ初のブラウザゲーム「インペリアル サガ」をメインでプレイ中。

お気軽にコメント等どうぞ。・x・)ノ
ブログ相互リンク、Twitterのフォロワーさんも随時募集中です♪

My Twitter

いいねツイート

Page View

インペリアル サガ © 2013-2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.